▼ MENU

FORMEと代表・永森のストーリー

永森博明
FORMEオーナー兼代表取締役

【技能、表彰】
1983年 ヘレンカーチスヘアコンテスト ヘレンカーチス賞
1984年 ヘアスタイリスト協会ザカット ゴールドプライス賞
1985年 キクヤ&ウエラモードコンテスト第3位
1983年より1991年に独立をするまで30を超すコンテストで賞を受賞
【研修】
1985年 英国 ヴィダルサスーンアカデミー受講
1986年 英国 ヴィダルサスーンアカデミー受講、トニー&ガイアカデミー受講
その他、独立するまでサンリッツアカデミーなど多数の経験をかさねる

健気だった幼少期

私は、1958年広島県三次(みよし)に長男として生まれました。

幼くして両親の離婚で父親一人に育てられた私は、もの心がついた時には3歳年下の弟とともに、料理、洗濯、掃除を始めとして、家事はすべてこなしていました。

当時は母親がいない生活に慣れていましたが、友達には母親がいないとは言えず、よく嘘をついていました。今思えば、幼い心に暗い影を落としていた時期でした。

忘れられないさぬきうどんの味

そんな中でも高知にある父の実家に小4の夏休みを利用して1ヶ月間帰省したのは楽しい思い出です。

当時瀬戸内海には岡山県の宇野と香川県の高知を結ぶ宇高連絡船が運航していました。弟と2人だけで旅をするのはこの時が初めてです。ドキドキしながら船のタラップを駆け上がりました。「ボ~」という汽笛が鳴るといよいよ出航です。船の後部甲板から港を見ていると、船の後をカモメが甲高い声で「キャアキャア」鳴きながら追いかけてきました。 その声を聞きながらさぬきうどんをすすり、「うどんってこんなに美味いんだねぇ~」とお互い白い歯を見せニヤッとしたのは一生の思い出です。

上京するも辛抱の1年間

19歳で美容師としてスタートした私が、上京したのは23歳の時でした。

しかし、まさかこんな事になるとは思ってもいませんでした。 その事とは、広島では東京の店舗を紹介してくれることになっていたのですが、実際に行ってみると、 何と神奈川県大和市鶴間にある片田舎の店だったのです。「全然違う、ここは東京じゃない」というのが第一印象でした。しかし、紹介された手前、辞めるわけにもいかず、1年間は辛抱を重ねそこで勤めました。

自分自身を高める

しかし次に移ったのはまたしても神奈川県川崎でした。

この頃から向上心がめらめらと燃え上がり、カットコンテストへチャレンジし、次第に賞をいただけるようになりました。ところが、賞はもらえるのですが、トップにはなかなかなれません。どうしても「優勝」の2文字が頭から離れないのです。

そこで英国ロンドンのカットスクールの門を叩き、腕を磨くことに決めました。

美容師としての覚悟を決めたロンドン

そのロンドンでの初日のことです。

研修先のアカデミー講師の年が若いのには驚きました。20歳でした。その講師が、「僕は命を削ってカットしているんだよ」と一言。彼からは美容師としての心構えを学びました。

毎回研修期間はわずか10日くらいですが、ほとんど毎日、朝から晩までカットを学び、宿題を済ませ、夜の街に遊びに出かけます。

この間、毎日の睡眠時間は23時間というハードな研修?でした。

しかし、 人間、こういったひたむきな努力を続けているといつか報われるものです。私もついに1991年には念願の優勝トロフィーを手にすることが出来たのです。

自分の店をオープン、しかし・・・

優勝を手中に収めた私は、1992年満を持して神奈川県綱島に店をオープンしました。続けて2号店、 3号店を2004年にオープンしたところで、売上が ばったり止まってしまいました。

この時の負債は何と1億です。

私は悩みに悩みその結果、頭を丸め、業績が伸びない原因をいろいろ考えました。そして、ずっと心の奥底に暗い影を落としていた母への恨みに真正面から向き合うべく、意を決し、弟と一緒に母と会うことにしたのです。

拍子抜けするほど背が低かった母

母に会ってとても驚きました。子どもの頃ふつうの大人だと思っていた母が、あってみると、存外背が低かったのです。

母は、「お前たちには苦労をかけたねぇ」と言いながら離婚の理由をいろいろ話してくれました。母の語る姿を目の前にして、初めて母を許すことが出来ました。そして母を受け容れることが、自分を受け容れることにつながったのです。

これで気持ちがすっきりしました。一皮むけることが出来たのです。その後は事業も良い方向に向かい現在に至っています。

未来へ羽ばたく

私たちが「お客さまにヘアスタイルを通してしあわせになっていただく」には、私たちも満たされていなければ出来ません。

実情の美容業界はまだまだ働く環境が整えられてなく社会保障や労働環境の充実が急務です。フォルムでは2014年春からスタッフ全員の社会保障と完全週休二日制が整いました。従業員の定着も今以上にしたいと思います。

また、以前から構想を練っていた海外事業の一つであるタイに美容学校を出し5年以内に年商5億とタイ進出を果たすべく、日々精進する私を応援よろしくお願いいたします。

私の元気の源、愛する家族

タップして、次のアドレスに空メールをお送り下さい。

山下町店

綱島店

自動返信のメールから会員登録(初回のみ)していただくとすぐに予約できます。

携帯電話、パソコンどちらでも可能です。


サロンブログ